第一印象にも関わる目の下のたるみは施術すれば消せる

美容目的で行う治療

レディ

美容整形はプチ整形が人気である影響などもあり、以前より身近な存在になりましたが、形成外科とは違って美容目的の医療なので保険適用されないのが特徴だと言えます。大阪には実績豊富で高い技術力を持った美容外科が多く、カウンセリングやアフターケアが充実しているところも多いので美容医療が受けやすいでしょう。

もっと読む

人気の若返り施術

婦人

目元や頬の垂れ下がりを改善出来ると注目を集めているウルセラシステムは、他の治療と組み合わせる事でより高い効果が見込めます。クリニック選びをする際は、インターネットの口コミ・比較サイトを活用すると良いです。

もっと読む

真皮層に作用するアグネス

女性

安全性を最重視

美容外科や美容皮膚科などで目の下のたるみを解消するために、数々の治療法が開発されています。医師はまず患者の目の下のたるみのタイプを調べて、本人の希望とも照らし合わせて治療方針を決定します。施術法としては涙袋を切開したり、へこんでいる部分に脂肪や注入剤などを注入したり、レーザーを照射するなどの方法があります。レーザーを使う場合、現在はCO2フラクショナルレーザーが最も適していると評価する医師が多いようです。CO2フラクショナルレーザーは腫れや痛みが最小限に抑えられるよう工夫されたレーザーですが、目の周囲は人体の中でも一番デリケートで細心の注意を要する部位であるため、さらに安全性の高い治療機器も考案されています。

マイクロ絶縁針の効果

目の下のたるみ治療を安全に行うために開発されたのが、アグネスという治療機器です。アグネスは高周波を使用して目の下のたるみを改善します。肌のたるみを解消するにはどうしても真皮層という深い部分にまで働きかけなくてはなりませんが、治療機器の中には出力が強すぎて肌の表面にダメージを与えてしまうものもあります。シミやほくろなどを取り除く一般のレーザーを目の下に使ったりしてはダメージが大きすぎるのです。その点を考慮して安全性を高めた治療器がアグネスです。アグネスは肌の表面を傷つける心配がないので高く評価されています。それが可能となったのは、アグネスにマイクロ絶縁針という特殊な針を使用しているためです。これによって効果の高さと安全性とを兼ね備える治療法となっています。

ラジオ波でリフトアップ

女性の口元

皮膚を切らないでフェイスリフトのようにたるみやシワをリフトアップできるのが「サーマクール」です。新しいサーマクールCPTは施術中に痛みがないので痛いのを我慢する必要がなく、快適に若返りすることができます。

もっと読む